最近のコメント
    カテゴリー

    ネットビジネスの起業にあたり

     

    ネットビジネスで起業をしようという方々が増えてきています。これは世代、ビジネスの内容に関係なく、様々なシーンで。そこにはそれなりの魅力やメリットがあるからにほかなりません。具体的にその魅力やメリットが何か、以下にあげていきたいと思います。 まず、ネットビジネスの魅力、それは少人数でスタートできることにあります。どうしても事業には「人」「モノ」「金」の3つの要素がつきものですが、その中でも最も負担が大きな固定費である「人」。これをネットビジネスで起業する際には軽く抑えることができるのです。経理、人事、宣伝広告といった間接部門の役割を起業する少人数で分担、またはアウトソーシングして費用を抑えることができるのはかなりの魅力です。特に開業当初は運転資金が大きな課題となるだけに固定費が軽いのは何よりも大きなポイントになります。 そして、人件費だけではなく、その他の固定費についても非常にやすくなります。当たり前ですが、オフィスを構えることも少ないので賃料、電話、インターネット、福利厚生などを考える必要はありません。 結果として、固定費を考える必要があったとしてもその際には事業規模も大きくなり、運転資金がまかなえるようになれば特に問題はないといえるでしょう。 次にあげたい魅力は時間です。結局、ネットビジネスではなくとも、様々なアイディアをいかにはやく、いかに効率よく市場に展開することができるか、スピードがモノを言う時代です。ネット起業であれば、様々なルートに対してネットでそのビジネスを知らしめることができる、そして展開することができるので非常にスピード面でもリアルな起業に比べるとメリットであり、魅力だといえるはずです。 実際に、こうしたビジネスを展開するには、同じようなコンセプトでネットを起点にしたスタートが多いため、結果的に広がりやすい、広げやすいといった考え方もできようかと思います。 同じような志を持った起業家がそれぞれ訴求し合うことによる相乗効果は実際のところ、かなり大きいのではないかと思います。これはこの相乗効果によって新たなビジネスが生まれてくることも含めての大きな意味でとらえても構わないと思います。 ネットビジネスを起業することはいかに自分自身の仲間を増やしていくか、そこから新たなビジネスを生み出すことができるかといった観点で考えられると思います。こうした循環でさらに魅力的なビジネスが生まれてくるのではないかと思います。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket